コンテンツにスキップ

アクセストークン発行

認証方式

AnyMotionでは、OAuthによる認証を行います。Client IDとClient Secretを用いて発行できるアクセストークンがAPIリクエストに必要となります。

Client IDとClient Secretは、AnyMotionポータルより取得できます。

POST /accesstokens

アクセストークンを発行します。

リクエスト

HTTPリクエスト

1
POST https://api.customer.jp/v1/oauth/accesstokens

注意

他のエンドポイントとURLが異なることに注意してください。

リクエストヘッダー

リクエストヘッダー 説明
Content-Type application/json

リクエストボディ

プロパティ タイプ 説明 必須
grantType String 固定値
client_credentialsを設定してください
clientId String ポータルより取得したClient ID
clientSecret String ポータルより取得したClient Secret

サンプルリクエスト

1
2
3
4
5
{
  "grantType": "client_credentials",
  "clientId": "<Client ID>",
  "clientSecret": "<Client Secret>"
}

レスポンス

レスポンスボディ

プロパティ タイプ 説明
accessToken String アクセストークン
tokenType String トークンタイプ
expiredIn String アクセストークンの有効期限
scope String スコープ
issuedAt String アクセストークンの発行日日付

サンプルレスポンス

1
2
3
4
5
6
7
{
  "accessToken": "9944b09199c62bcf9418ad846dd0e4bbdffgtyh",
  "tokenType": "BearerToken",
  "expiresIn": "86399" ,
  "scope": "" ,
  "issuedAt": "100000000"
}

サンプルコード

Shell

1
2
3
4
5
6
7
8
curl -X POST \
  -H "Content-Type: application/json" \
  -d '{
    "grantType": "client_credentials",
    "clientId": "<Client ID>",
    "clientSecret": "<Client Secret>"
  }' \
  https://api.customer.jp/v1/oauth/accesstokens

Python

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
import json

import requests

response = requests.post(
    "https://api.customer.jp/v1/oauth/accesstokens",
    headers={"Content-Type": "application/json"},
    data=json.dumps({
        "grantType": "client_credentials",
        "clientId": "<CLIENT ID>",
        "clientSecret": "<CLIENT SECRET>"
    })
)
print(response.status_code)
print(response.json())